BOOK

□治療 (ギュイェ)
1ページ/6ページ


『全部全力でやろうとするから、そんな事になるんだよ!バカじゃないの?ヒョン』

iphoneに録音した声を聴かせると、ベッドに座ったマンネは拗ねた顔で俺を睨みつけた。

「こんな事言ってたの…誰だっけな?」

意地悪く笑って俺はマンネの頬を指でつつく。
言い返そうと思わず開いたマンネの唇を俺は手で押さえる。

「喋っちゃダメだぞ」

キュヒョンは悲しそうな顔で口を閉じ、溜息をついた。

「わかってても全部、一所懸命やっちゃうんだよな。わかるよ、俺も同じだったから…」

囁いてその頭を胸に抱えた。

歌う事が存在意義でもある俺達にとって、歌えない事は何より辛い。気持ちがわかるだけに普通の言葉で慰めるなんて出来なかった。
マンネは俺を押しのけ《用がないなら帰って》と紙に書きなぐる。

「そんなに怒るなよ。からかって悪かったよ」

謝ると意外にも素直な反応が返ってきた。

《結構凹んでるんだからいじめないで》
「わかった、わかった」

俺はキュヒョンの隣に腰を下ろす。

「何か欲しい物あるか?食べたい物とかは?」
《自分で買いに行けるから大丈夫。心配しすぎ》

キュヒョンは呆れたような顔で俺を見て、可笑しそうに笑った。

《そう言えば、俺もおんなじ事言ってたね》
「確かにそうだったな」

しつこいくらい俺の喉を心配して、あれやこれやと世話を焼いていたマンネを思い出す。

「あ、そうだ」

俺は持ってきたステンレスボトルを差し出した。

「これ、あの時くれた中で一番効いた気がするハーブティ…スロートコートとか言うヤツ。それのレモンなんとかってのをちょっと作って来たんだ。ティーバッグはそっちに置いといたから」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ