30〜54








そして坊やは眠りについた
息衝く灰の中の炎
ひとつ ふたつと
浮かぶふくらみ 愛しい横顔
大地に垂るる幾千の夢
銀の瞳のゆらぐ夜に
生まれおちた輝くおまえ
幾億の年月が
いくつ祈りを土に還しても
ワタシは 祈り続ける
どうかこの子に愛を
つないだ手にキスを

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ