Smile once again!!

□5
1ページ/1ページ


***

ヴァリアーのアジトに着くと、すぐに大きな声が聞こえた。

「帰ってきたかクソボス!!
もう一人の月の守護者が大広間で待ってるぞ。急いで来い!!」

ボス(仮)に報告し終え、私を一瞥し訊ねた。

「お前が月の守護者か?」

『そうらしいわね。』

「きっちり説明したんだろうな、ルッスーリア!!」

「バッチリ、ちゃ〜んとしたわよ。時間が余って乙女の話までしちゃった♡」

「お前のどこが乙女なんだ。オカマの間違えだろうが!」

歩きながら話していたため、大広間にはすぐに着いた。

「小陽南ちゃん、ここよ。入って!」

『ありがとう。失礼します』


目に入ったのは姫瑚だった。

『うそ、姫瑚!?なんでいるの!』

『小陽南!!!コンビニに行こうとしたらいつの間にかここにいて......』

『奇遇ね、私もよ。もう二度と会えないかと思ったわ。まぁ、それはそれで結構だけどね。』

『嘘つけよ、淋しかったくせに。私は全然だけど。』

姫瑚こそ嘘下手。相変わらずね、などと言えば、私たちの笑い声が響く。
まったくもって、ひねくれた再会である。がお互いの気持ちは私達だけがよく分かっていればそれでよい。

「感動の再会中に悪いんだけど、幹部の紹介をして良いかしら」

『『あ、どうぞ。全然感動してないんで大丈夫です』』

「そう?悪いわね」

軽く自己紹介をして、「夜更しは女の敵よ、早く寝ましょう」のルッスーリアの一言で解散になった。女かどうかは取り敢えず置いておいて、眠かったから助かった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ