暁の輩






僕は何度だってこの選択をすることだろう

ぼくは何度だって後悔することだろう

ボクは何度だって絶望に打ちひしがれることだろう

それでも君を取り戻すために

何度だって暁の輩をなろう。


そして僕は293回目の絶望に身を委ねる





 

必読
生態
履歴
小説
手紙
参加



ブックマーク|教える




©フォレストページ