君の温もりを


いつも僕を見てくれない君。

僕には見せてくれない態度を取る君。

いつかは僕に笑いかけてくれる。

そう思ってたのは僕だけだったんですか?

好きだって言ってくれたあの言葉は………

『ウソ』だったんですね…………。

どうすれば………………

僕を君の瞳に映してくれますか………?

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ