刻む針の果て

失ったのは、たった1つ

けれど、狂おしいほどに愛しいものだ

俺はあの時からずっとずっと探してた。今も、探してる。


たった1つにまた逢える、キッカケを────。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ