白桃の籠 〜ハクトウノカゴ〜

□水色の髪 〜ミズイロノカミ〜
1ページ/5ページ




『というわけなんですよー』



「そーか、大変なんだな」









たった今、私は火神君に事情を説明中です。



とは言え、本当のことを話すわけにもいかないからでっち上げだけどね。








長い間祖父母の家にすんでたけど、祖母が去年の11月に亡くなって、祖父も先週亡くなった。

独りぼっちにならないようにと両親がアパートを手配してくれたのに、今日になって詐欺だったことがわかった。

だから、朝からずっと住める場所を探していた。











まぁたしかこのようなことを語った気がする。




多少無理のあるシナリオだけど、中学で演劇部だったこともあり演劇に自信があったし、火神君はちょっとオツムが弱いところもあるから、誤魔化せるだろう。






「…しようがねぇ…わかった、住まわせてやってもいーぞ」



シャアアア!!!!!!!

火神君、貴方は天使だ……!!!!!



『あ、ありがとうございます!!

 すっごく助かります!!』






「おう…

 …で、お前何歳なんだ」





『15…今は中3、受験生』



「同い年だな」




『え?』

マジですか。

タイミングのいいときに来たな…





でも、早くしないと誠凛を受験することができなくなる。






『火神君、』


「ん?」




『誠凛の書類っていつ出すの?』





火神君は、それだけでどういう意味か察してくれた。




「今日と明日」



『マジすか』


どうしよ、書類無いよ。





「おい」




困っていたら、火神君が一枚の紙を差し出してきた。



……願書。


「無いんだろ、

 余分にあるから使えよ」




火神君、貴方マジ天使……!!!!!


『ありがとう!』



「今日はもう遅いし、明日の朝持っていけよ」


『うん!!』
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ