朝、あなたに出会って

□5、震える肩と 惑う指先
1ページ/3ページ



あぁ、

なんてきもちが

いいんだろう



じめんが

やわらかなおとをたて

てんじょうが

ゆるやかにゆがむ


みずあめのように

すべてがしたたって

ぼやけていって


しろく

なめらかな

なにかが

しかいをよぎる



それがうごくたび




くちに

みみに

めに

しんぞうに

みずあめがたれて


からだを

あつく

あまく

とかす



とけて

かたちのなくなった

このからだを

こわさないように

こぼさないように

すくいあげて


せかいに

ひとつだけの

おんがくが

そっと

みみだったばしょに


かなでられる










――あなたは、私のもの















.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ