朝、あなたに出会って

□4、きみに、会いたくて
1ページ/3ページ

売店で買ったパンは、思ったよりパサついていた。

これで150円とるとか信じられない。

レジのおばさんのふくよかな顔を頭の中でにらみつける。

次から絶対買ってやんないこのやろー

「でもさぁ、まゆ、大丈夫かなぁー?
ねぇ、もえ、なんかきいてるー?」

満里奈の言葉にはっとする。

満里奈は友里の一番のお気に入り。

つまりは腰巾着。

かわいい友里ちゃんはかわいい子、満里奈とかを近くにおいて、自分のレベルアップを図ってる。

確かにかわいいかもね、私の次に。

満里奈のつけてるマニキュア、昨日私がしてたやつだし。

ネックレスも同じ。

私の真似っこばっかしてたら、そりゃあかわいくに見えるでしょ。

(顔は変えようがないけど)

上手くマスカラを乗せてカバーしてある満里奈の細い目を見る。

なんで、今真由のことをきいてくるのか。

普段満里奈は、真由と接点ないのに。

答えは簡単。

満里奈の細い目の奥でチラつく警戒の光をとらえて私は微笑んだ。

「うんっ、なんかねぇ、すっごく熱でちゃったんだってぇ。
超キツいって、めっちゃつらそぉだった!
明後日くらいには来られるらしぃよぉ


「…そっかぁ〜。まゆ、かわいそぉ」

満里奈の口元が言葉と裏腹にわずかに緩む。
その隣で友里が舌打ちをしそうな顔を一瞬見せた。


大方、風邪なんて嘘で真由は不登校になっていて、私が友里のグループに鞍替えしようとしているとでも思ったのだろう。

友里が私を欲しがっていることは知っている。

満里奈が私を敵視していることも。

(よかったですねー、友里がとられなくて
)

2人の顔を視界の隅に捉えながら、もう一口パンにかぶりつく。

パサつきすぎ。

具の焼きそばもなんか甘いし。

ほんとに惣菜パンか…っーか、ほんとに売り物?
口の中が気持ち悪い。

それに、頭が少しぐらつく。
おしゃべりの甲高い声が響いて、神経に障る。

「うんうん、かわいそぉ」

眉ハの字にしやがって。かわいそぉ、とか欠片も思ってないくせに。

なぁにが、うんうんだ。
睨みつけてやりたい衝動を抑え、ポケットの中の携帯を握りしめる。


(やっば、寝不足ってきつ…)

普段は適当に笑って誤魔化せるのに。

「ちょっと、飲み物買ってくるねー?」

ポーチを片手に立ち上がる。

いってらっしゃーい、と華やかな声を背に、コンクリートの床を足早に進む。
パンのせいでのどが渇いたのは本当。
でも今は、何より1人になりたかった。

あそこで笑顔をキープし続けたら気が滅入ってしまう。

屋上から校舎に入る重いドアを閉じれば、辺りは一気に静かになった。

まるで音の無い世界みたい。

踊場で手を額に当ててため息。

頭がまだぐらつく。

そっと深呼吸をして、携帯を開く。

「…っ。」

待ち望んでいた手紙のマークは、ない。

力なく手首を下ろせば、ジャラリ、とストラップが耳障りな音をたてた。
きっと、携帯が手に取れないくらい、ひどいんだ。


無理やり、そう思う。


階段の下を用務員のおじさんがこっちを不審そうに ちらっと見て通り過ぎて行った。

こぼれた涙が、ストラップをはじいて 床に落ちた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ