朝、あなたに出会って

□2、何かが揺れて
1ページ/3ページ


「ねー!聞いてよっ!」突然バンバン、と机を叩く萌。
教室のみんなの耳がぴくり、とはねる。
「あのさー、今日さっ、晃がさー。」
ちらっとクラスメートとが何人かこちらを見る。
それを目の端にとらえて、萌がちょっとニヤッとする。
でも、彼女たちに気づいてないみたいに、あくまで私に向かってしゃべる。
いつもより、半オクターブ高い、粘度の増した声で。
萌の声はよく通る。
それに、なんだか、なになにっ?って近寄りたくなるオーラを出してる。
声だけじゃない。
控えめに艶がかかった長い髪と、絶妙な長さのスカートと。
何気なくついたひじの角度まで、全部が「女の子」。

「…でねでね、晃がね!」
萌の声がさらに高くなる。
それと一緒にきらきらする目も、特に大きいわけじゃないのに可愛い。

(…JKってやつだね、ほんと。)

別に嫉妬してるわけじゃない。
私は今の自分に満足してる。

ただ、あぁ、違うんだな、って。

「まゆーっ?きいてるーっ?」

「…うん、聞いてるよ。で、晃君が何だって?」
嘘。聞いてるわけない。だって、萌は本当に私に話を聞いて欲しいわけじゃないから。

「…ねぇ、もえー。」

おずおずとかけられた声に、くるっと萌が振り向く。

「あ、友里っ!ハロー!どしたのー?」

どしたの、じゃないでしょう。
待ってたくせに。

「あ、うん。私たちも晃君の話聞きたいなって思って。いい?」

「もっちろん!椅子もっといでよー。なんでもきいて!友里たちになら全部話しちゃうっ」

友里たちがほっとしたように笑う。

ガタガタと椅子が運ばれて来て、萌の周りをぐるっと取り囲む。

気づいてる、萌?
口元曲がってるよ。

萌は私に、話をきいてもらいたいなんて思ってない。
そうじゃなくて、私だけじゃなくて、みんなに聞いてもらわないと気が済まない。

「じゃっ、最初から話すねー。」

可愛くて、話し上手で、適度にわがまま。
それに頭もいい。

私に話してて、向こうから興味をもつようにするから、誰も萌を嫌がらない。
聞かれたことにしか答えないで自慢しないように見えるから、誰も萌を嫌わない。

周りからどっ、と笑い声が上がった。
「萌かわいー」
「うけるっ!さいこー!」

そんなことないよー、と手をふる萌はもう、私を見ない。
その口元が時折嬉しそうにヒクヒクと跳ねるのを見ながら、私はそっと視線を窓の外に向けた。

**************

「重いのねぇ…。」

その人は私を抱き止めると、そのまま私のバックをそっと差し出した。

華奢な指先が重みに震えている。

紺のスーツから覗いた肌はびっくりするくらい、白い。


見とれる、っていうのはこういうことか、と思った。

顔をふせて、バックを受け取る。

それからすぐ、また駅についてあの人は人の波に飲まれて行った。

でも、見失いはしない。目が縫い止められたみたいに細身の紺のスーツから離れない。

しばらく揺れて、あの人が降りていく。

それと一緒に辺りの甘い香りがすっと薄れたような気がした。

窓の外は相変わらずの曇天。

でも、厚い雲間から細く光がさしているのが見えた。

窓の外を見ているのは私だけ。

みんなうつむくか携帯をいじっている。

頭の間から身をよじって見るその光は、不思議なくらいに綺麗だった。

********

「……まーゆっ!まーゆってば!!」

気がつけば目の前に萌の顔がドアップになっていた。

聞いてない間に何があったのか、周りのクラスメートがみんなニヤニヤしてる。

「…ごめん、ボーっとしてた…」

「もー、ちゃんと聞いててよー。萌、すねちゃう。」

ぷくっと萌が頬を膨らませる。

(はいはい、可愛らしいことで。)

私なんかにかまってたら、せっかく呼んだお客さんがどこか行っちゃうよ。

萌に無言で言ってみてから、私は立ち上がった。
「ちょっと体調悪いみたいだから、保健室行ってくる。」

萌が慌てたように、一緒に立ち上がる。

「えっ、大丈夫?まゆ…」
「大丈夫だから。」
だから、萌は大人しく晃君のこと話してな。

そのまま、教室を出る。ドアを閉めてしばらく行ったところで、友里たちの甲高い声が聞こえて、萌のお話会が再開したことを知る。

(…何が楽しいんだろ。)
廊下の空気はきんと冷えていて息がしやすかった。
「キャーっ!晃君イケメンーっ!」


(晃なんて男、ほんとはいないのに。)


一歩進むごとに教室が
遠ざかっていく。

私はそっと、足を早めた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ