Novel Library 2

□『 蝉しぐれを聞きながら… 』 2
1ページ/12ページ


 唇に先輩の熱を感じながら、2人してベッドの上に縺れ込む。
 すぐに先輩の手が僕の体をまさぐり始めて、寒いわけなんてないのに体が震えた。
 優しい手つきとは言い難い力の強さであちこちを撫でられながら、僕は必死で先輩の舌を受け入れる。
 こんな激しいキス、初めてかもしれない。
 どこもかしこも舐められていない所なんて無いくらい口の中に舌を這わされて、あっという間に息が上がってく。
 ねぶられるみたいに舌を絡め取られてキツく吸われたら、どうしようもなく体が震えて僕は先輩の腕を縋りつくみたいにして掴んだ。

「ん…んぅ…」

 無意識に漏れるのど声が自分の耳に届いた時、僕はピクンと肩を揺らした。
 先輩の指先が押しつぶすみたいに胸の先を弄っていた。
 くすぐったいのと痛いのの中間みたいな痺れを感じて思わず掴んでいた先輩の腕をぎゅっと握りしめた。
 そんなところを触られて、僕は今まで意識なんてしたコトのなかった小さな胸の突起の存在に気づく。
 気づいた途端にそこから甘い痺れが広がって、その感覚に僕は先輩の肩を掴んで押し返してしまう。

「先輩…」

 そう呼んだ僕の声は、たったこれだけのコトで恥ずかしくなるくらい震えていた。
 僕の腕の力なんてものともしない先輩が僕を見下ろしながら囁く。

「やめるの無理って言っただろ」

 言いながら、指先が疼く乳首を抓み上げた。

「あっ…」

「可愛いな、ちょっと触っただけなのに ここ勃ってる。 舐めてもいい?」

「やだ」

 僕の制止なんて聞く気なかったとしか思えない。
 肩を押し返していた両手をいきなり掴まれた。

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]








©フォレストページ