とある魔術の金属支配


何かを得る為には。
何かを失うしかない。

誰かを護りたいなら。
誰かを傷つけるしかない。

しかし。
そんな理を"否"と断じた少年がいた。
そんな常識を嫌というほど身に刻み込んだ、少年がいた。

その少年達は思う。

誰かが傷つかなきゃいけないなら。
誰かが傷つきゃなきゃ誰も救えないなら。
誰かが傷つきゃなきゃ神が赦さないと言うのなら。

俺がその咎を背負うと。
俺がその幻想をぶち殺すと。

この物語は。
そんな少年達が交差する。

そんな物語。

〜とある魔術の金属支配〜

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ