白銀の世界、世界の終わりに私は始まりを告げる
ようこそいらしゃいました。
貴方は34570人目のお客様です。




こちらは銀月オンリーサイトです。
普通の銀月小説、裏を扱っております。
苦手はな方はプラウザバックをお願いします。






眠れ、眠れ、膝の上に。


膝の上にある温もりは、はたして本物か。
愛しい彼の顔を見るたびに、安心しきった顔を見るたびに、私の心は締めつけられていくのです。
このままでいいのか、このまま、温もりを感じていいていいのか。


私の心は不安で震えました。
人と繋がることに、心から繋がることに恐怖心を抱いているからです。


貴方に問いかけたい。


――貴方は私が触れることを赦してくれますか?
――お前は俺が触れることを、赦してくれるか?



月は、全てを呑みこむ。
この名前を背負った時点で、私にも全てを背負えれば良かったのに。


【更新履歴】月の欠食の綴り

【必読】必ずお読みください

観光場

【書庫】銀×月小説【Short】
【書庫】銀×月【Long】
【書庫】銀×月小説(裏)
【書庫・絵】頂き物
【書庫】捧げ物
【書庫】拍手小説
【ごみ箱】展示場
独り言

リンク

御来場有難うございます。
またお越し下さい。





【参加中ランキング】

銀ノ月
フォレストページランキング
GNR






ブックマーク|教える




©フォレストページ