仙→越で19題

□4 余裕なふり
1ページ/2ページ

君は泣いている。


伏せた両眼から、


はらはらと。


次から次へと流れる涙を、
拭おうともせず、
止めようともせず。


声も出さず。


ただはらはらと、
舞い散る桜の花びらのように、
降りしきる雪のように。


何かを押し出そうとするように。













言葉。


何か言わなくては。


慰めなくては。



だけど、
出てくるのは、
月並みな言葉ばかり。






君を泣かせているのは、俺。


余裕があるつもり。

君を安心させているつもり。


そんな行動が、
全て裏目に出て、


君の涙を見ることになる。



ごめんね、ごめんね。



でもどうしたらいいか、
わからないんだ。



一生懸命やってるのに。



こんなにも好きなのに、
こんなにも傷つけて、




俺は一体、何がしたいんだろう。



余裕なんて、ない。



ごめんね、ごめんね。



もう、言ってあげる言葉がない。




だから、
ね、
少しだけ、
君を、
抱きしめさせて。




ごめんね。


ごめんね。



今だけは。


このままで。











君に出会ってから、
余裕なんてもの、
とうに捨てた。





          *end*
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ