短編



星降る夜に願う事は
たった一つ

『どんな事があっても
みんなが生きて帰ってきますように』




明日を無事に
迎えられるかすら
わからない


何が起こるかわからない
この時代


でも
私は優しく
手を差し伸べてくれた
“仲間”を絶対に
失いたくないから





だから、まだ消えないで
この願いを叶えて


.

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ