Kiss.xxx

□君と。
2ページ/20ページ


それを聞いてため息をつく。
出来たら苦労しないのだ。

「あのね、祐にとったら私なんて、ただの我が儘なクラスメイトなんだってば!」

今の様に、「喉が渇いたからジュース!」なんていうのは日常茶飯事で、祐も仕方なくそれを聞いているのだ。


発端は去年中学一年生の時。

テストの時にたまたま祐の隣だった私が、消しゴムを忘れた祐に貸してあげたのがキッカケだった。

貸してあげたと言っても、大きかった消しゴムを半分に割っただけだったんだけど。

「良かったら使って」と渡したら、次の日には新しい消しゴムを買ってきて返してくれたのだ。

その時の消しゴムは、まだ大事に取ってあったりする。


それがキッカケでたまに話すようになった私達だけど、後に、祐に頼み事をする時に私は言ってしまったのです。

「あの時、消しゴム貸してあげたのは誰だったっけ?」って。


それ以来、祐が私の頼みを断る事は殆どと言っていい程ない。

だから、去年の冬までは思ってたのだ。
祐は私のものだって。

違うと気が付いたのは祐の親友が私に言った言葉だった。

【あいつ、好きな人居るらしいよ?】


「我が儘なクラスメイトって…。分かってるなら止めればいいのに」

美波が呆れた様に言ってチラッと私を見る。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ