Kiss.xxx

□君と。
1ページ/20ページ


「喉乾いたー、祐(たすく)、いつもの買ってきて」

「はいはい。カフェオレな」


体育の授業が終わり、教室に戻る途中にすれ違った祐にそう言ったら、頭をポン、と叩いて友達とホールの方に行ってしまった。


「相変わらず杏(あん)には従順だねぇ」

「でしょ!」


友達の美波(みなみ)にそう返して教室に入る。

私の名前は奥田杏。
中学二年の14歳だ。


「でもさ、聞いた?この前、斎藤告白されたらしいよ」


美波の言葉に、机に俯せになったばかりの私はまた顔を上げる。
斎藤とは、祐の姓である。


「うそっ!聞いてない!」

「当たり前でしょ〜、別に付き合ってる訳じゃ無いんだから」


グサッとその言葉が刺さり、また机に俯せになる。

そうでした。

どうせ、付き合ってる訳じゃありませんよ。

私の片思いですよ。

それを美波も知っていてこう言ってくる訳だ。

日常茶飯事なので、そこまで気にしてはないんだけど。


「そうですね…美波、相変わらず厳しいね」

「言えばいいのに」

「何を?」

「だから、斎藤に好きだって」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ