『琥珀の露・上巻』

記憶も想いも、時と共に
風化していくものなんだ。

どれだけ大事な事でも、
代をかさねるごとにその重みは
失われていくものなんだよ。


だから、俺はーー…。



オリジナル玉依姫(たまよりひめ)奇タン
長編恋愛夢小説(完結済)
 

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ