スキップ・ビート!

□『もう帰りません。』
1ページ/13ページ

 雪よりも白い肌、血よりも赤い唇、そして濡れたように輝く漆黒の長い髪───
 その少女の名を、白雪姫といいました。



 その国は、とても平和でした。
 賢く優しい王様がいらっしゃり、国民は何の不安もない毎日を過ごしていました。
 けれどある日突然、王様が死んでしまいました。
 国民は嘆き悲しみ、そして不安に思いました。
 お妃様は、何年も前に亡くなってしまっていましたので、まだ若い姉姫様と、幼い妹姫様だけが残されてしまったからです。

 そんなとき、一人の魔女が国を訪れました。
 長い長い金色の髪が輝くばかりに美しい魔女でした。

 魔女は、悲しみと不安に満ちたその国の隙をつき、あっという間に女王となってしまったのです…………。


 それから、一ヶ月後。

「鏡よ鏡、教えておくれ。世界で一番美しいのはだぁれ?」

『それは女王様、あなたです』

「……そう」

 さらに一ヶ月後。

「鏡よ鏡、教えておくれ。世界で一番美しいのはだぁれ?」

『それは女王様、あなたです』

「……そう」

 そのやり取りは、毎月欠かさず繰り返されました。
 いつでも答えは同じで、女王様は世界で一番美しいままでした。

 けれど、女王様が城に来てちょうど一年目。
 鏡は答えを変えました。

『世界で一番美しい人は、この国の姉姫様です』

「まあ……!」

 それを聞き、女王様は顔を真っ赤にして震えました。
 今までずっと、ずっと自分が一番の美人だったのです。それが今日、初めて覆されたのです。

 女王様は我慢できずに駆け出しました。ドレスの裾をからげ、甲高い足音が立つのも構わず、まっすぐに姉姫様のお部屋に飛び込みます。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ