スキップ・ビート!

□mutual watch!後編
1ページ/6ページ

 これはいったい、何事だろう。

 我が身に起きたことが信じられず、キョーコは目の前でニコニコ笑っている人物を凝視する。

「………………(滝汗)」

「………………(極上スマイル)」

 沈黙に、頭が痛くなってきた。
 幻かもしれない。
 不意に、煙のように消えてくれるのではなかろうか。
 そんな思いを込めてまばたきもせずに見つめていたら、チュッと軽い音を立てて唇をついばまれた。

「〜〜〜〜ッッッ!!??」

 呆けていた意識が音速で覚醒する。秒速300mを越える回転数は、瞬時にこれが現実であると判断した。

「っっき、んっ」

 以前キョーコはとある本で、『悲鳴とは助けを求める行為』だと読んだことがある。
 恐怖とか驚きとか、そういったものによって引き起こされるものではなく、それらを感じた瞬間に助けを求める感情が発生し、そのときに悲鳴が上がる、らしい。そういう説があるようだ、たしか。
 キョーコは助けを求めた。
 もう、誰でもいい。お巡りさんでもいい。いやいや、正義の味方だなんて贅沢は言わない。
 いっそ、バイキン○ンでも構わない!
 そんな切実な思いで発せられた悲鳴は、無情にも空気を震わせることなく、眼前の人物に飲み込まれて消えた。
 抵抗を思い付く隙すら与えない速さで、状況を忘れさせられる深みまで奪われる。

「〜〜っっ」

 否応無しに浮いていく意識の端で、それでもキョーコは絶叫していた。

 だから! この状況はなんなのよ!?
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ