スキップ・ビート!

□Love-pierce-Love
1ページ/5ページ

 某月某日。


「まいったな……どうしてこんなことになったんだ?」

 LMEビル会議室にて、スタッフ一同が頭を抱えてため息をつく。

「前代未聞だぞ、まったく……」

「こうなったらもうどうしようもないですよ、監督。どっか代わりを探さないと」

「そうは言っても、条件に合うロケ地なんてそうそう見つからないぞ?」

「あそこを見つけるのも、ずいぶん苦労しましたもんね〜……」


「「「はぁぁぁぁぁ〜〜〜」」」


 深い深いため息の後、誰も口を開かなくなってしまった会議室。
 若干離れた席で居心地悪そうにしている社は、隣に座る蓮をちらりと見る。
 彼もまたスタッフたちと似た表情で何かを考え込んでおり───やがて思い切ったように口を開いた。

「監督。ロケ地に心当たりがあります」

「っ! 敦賀くん!?」

「ただ、俺も写真でしか見たことがない場所なんで、はっきりとは……。写真で見る限り、イメージには合っていると思うんですが」

「どこ!? すぐに資料を取り寄せる!」

「そうだよ、今は出来ることはなんでもやってみよう!」

「ダメで元々、当たればラッキー!」

 口々に言ってくるスタッフに、蓮がようやく硬かった表情をほころばせた。

「すみません……俺のせいで、こんなことになって」

「いやいやいやいや敦賀くんのせいじゃないって!」

「そうそう、気にすることないよ!」

「むしろ被害者側だから、敦賀くんは。……災難だよねぇ……」

 道が見えてきたことに活気づいた会議室に、再び暗雲がたれ込める。


「いったい、どうして洩れたのかなぁ……スケジュール」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ