スキップ・ビート!

□enemy enemy enemy!!
1ページ/4ページ

それは、メイクさんの些細な一言から始まった。

「あら、京子ちゃん、ちょっと胸のサイズ変わったわね」

「え、ええッ!? そうなんですか!?」

「そうよ〜。衣装がちょっときついもの。まあ、直すほどじゃあないけどね。ダメよ、芸能人なんだから自分の身体のサイズくらい把握しとかなきゃ」

「は、はい……」

「下着も買った方がいいわよ。合わないのつけてると、体型が悪くなっちゃうからね」

「分かりました、気をつけます!」

 予想外な、しかし嬉しいことを教えられ、キョーコは元気いっぱいに返事をした。

 そんなやりとりを聞いていた者が二名。
 
 キョーコの控え室右隣は、先輩・敦賀蓮。
 そして左隣の控え室には、親友・モー子。


 火蓋は切って落とされた…………!!!
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ