スキップ・ビート!

□Break The spell
1ページ/7ページ

「じゃあ、俺はまだ仕事あるから、先に帰ってくれ。疲れてるだろうから、よく休めよ」
「はい。社さんも」

 地方ロケを予定よりも二日早く終わらせ、すぐに現地を発ち、日付が変わる少し前に事務所に着いた。
 こんな時間には帰還の挨拶をする人もいないので、蓮は直接地下駐車場に向かう。
 喉の乾きを感じて足を止めた自販機の前で、日付更新を伝える時計の音色を聞いた。
(十二時の鐘か。あの子に言わせれば、シンデレラの鐘になるのかな)
 脳裏にふっと浮かんだ、メルヘン思考の後輩。
 それを透かすようにして遠くに見える、夏の日の光景。

 ブブブブブブ…………!!

 思い浮かんだ懐かしさに口元を緩めていた蓮のポケット内で、携帯が振動した。
(こんな時間に誰だ……?)
「……社さん?」
 ディスプレイに表示された、数分前に別れたマネージャーの名前。首を傾げつつ通話ボタンを押す。
『あ、蓮? まだ運転してないよな?』
「ええ、まだ事務所内です。どうしたんです社さん?」
『伝え忘れたことがあってさぁ〜。明日と明後日なんだけど』
「? オフですよね? 仕事が入ったんですか?」
 ロケの短縮分、オフにしてくれると言われたばかりなのだが、急な仕事でもあったのだろうか。
『そうじゃない、そうじゃない! オフだよオフ! で、キョーコちゃんもオフ』
「……は?」
『だから、キョーコちゃん。ラブミー部、三日間のオフなんだ。土日祝日の連休だから学校もないし』
「……それが、何なんでしょうか」
『べっつにぃ〜? しっかり食事しろよ。じゃ』
 一方的な電話は一方的に終わった。
「それはつまり俺にあの子に『食事作りに来てよ』もしくは『食事に行かないか』などの発言をしろというわけですか社さん」
 息継ぎなしに言い放ち、深くため息をつく。
「だから、そういう感情じゃないって言ってるのに……」


 ぬるくなってしまったコーヒーを飲み干し、改めて地下駐車場を目指す。
 たかが一階分でエレベーターを使う気にもなれず階段を使おうとして、
「………………」
(何故こんなところに君がいる……!?)
 階段に座り込んでいるキョーコを発見してしまった。
 思わず足を止める。
(危なっかしい……)
 こんな時間に女の子が一人で。事務所内ならまだいいが、どうやって帰る気なのか。
(この子なら確実に、歩きか自転車だろうな……)
 以前、真顔で「私なんかを襲う物好き、いませんよ」と言っていたらしい(社に聞いた)。
 そもそも、社情報によれば今日は休みだったはず。ピンクつなぎ姿じゃないことからも、仕事中ではないと分かる。
(送っていくか……)
「もが……」
 掛けかけた言葉を飲み込んだのは、踏み出した一歩分だけ近付いた彼女が、何かを握りしめていることに気付いたからだ。
 硬く握った手に額を押し当て、祈るように真摯な表情。
 何をしているんだ、と訝しんだ瞬間、耳に届いた声。
「コーン……」
「……ッ!!」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ