海色の瞳

□じゅう。
1ページ/4ページ


そわそわ。
他の人の部屋って落ち着かない。
そんな私とは対照的に、グリムジョーは『破面通信vol.17』を読んでいた。
…私もそれ読みたいんですけど!

「お、面白いですか?」
「…微妙」

顔を上げずに、グリムジョーはそう答えた。
切れ長の目にかかる長い睫がグリムジョーの顔に影を作る。
整った顔はやっぱりかっこよくて、胸がきゅんきゅ(帰れ私)。

「…暇ならぶらついて来いよ」
「グリムジョーさんは…?」
「此処にいる」

私の相手は疲れる、という言葉を言外に含みつつグリムジョーは早く出てけと言わんばかりに手をひらひらと振った。
とりあえず失礼します、とだけ言って部屋を後にした。

「はあ…」
「あら、いいタイミングじゃない」

廊下に出た瞬間、鈴のように凛と響く声がした。
そこに立っていたのは黒髪ツインテールの美女と緑髪ショートヘアの美女だった。
言わずもがな、ロリちゃんメノリちゃんである。

「ねえ、あんた人間の…」
「ロリちゃんメノリちゃんっ!やっぱり本物のが断然可愛いな!ぎゅってしていいですか?!」
「…はぁ?」




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ