海色の瞳

□ろく。
1ページ/4ページ


『…ウミ』

グリムジョーが呼んだのは私が私であるための呼称。

世界でたった一人だけ。

空野ウミという名で青雲高校に通っている二年生は私だけなのだ。

私は暫くフリーズしていた。
グリムジョーが私の名を呼んでくれたことが嬉しくて、それと同時に同じくらい信じられなくて。
ただグリムジョーを見つめ返す。

「…おい」
「っはい!?」
「てめぇいつまで俺の手握ってやがる」

そういえばそうだった。
頬を伝う涙はいつの間にか止まったようだが、彼の右手を私は握ったままだったのだ。
できることならこのままこっちの腕ごとグリムジョーが欲しいです。

「離せよ」
「はい、すいませんでした。私如きが触ってよいお身体ではないですよね…」

そーっと右腕を置いて、私は近くのソファまでいそいそと帰る。
自分から離れたが、ちょっとだけ寂しい。
遠くなったなぁ、なんて思いつつグリムジョーを見つめた。
腕切られて今まで普通に過ごしてきたからボロが出たんだろうな。
そう思うと、彼の孤独を垣間見た気がした。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ